無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり

夏野菜

タイミングよく収穫すれば長く収穫が楽しめるかも♪~今年のオクラ&ササゲ【無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり】

こんにちは! わさびなです。夏真っ盛りです。今年はオクラもササゲも種まきが遅れてしまいましたが、8月に入ってやっと少しずつ収穫ができるようになってきました。もっとも今年のオクラ、今までと違う場所に種蒔きしたせいなのか、葉っぱがどんどん茂っ...
無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり

夏によく使う草刈り道具~草刈機(肩掛け)とレーキ【無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり】

夏だ! 草だ! 草刈りだ!ということで、今回は草刈りテーマです。今年は梅雨明けがとても早く、夏野菜はどうなるかと思いましたが、ほどなく雨が戻ってきました。バケツをひっくり返したような雨が結構やってきます。草にも夏の疲れが少しずつ見え始めた...
無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり

今年は寅年♪(ちょっと遅いけど)【畑じかん~雑記】

こんにちは! わさびなです。何と!ブログをはじめてから昨年秋で2年を経過しました。一昨年、昨年と、おめでとう!記事を書いていたのですが、今年は時間がとれなくて書きそびれてしまいました。でも今日まで1月だぜ、ということで、畑でトラを撮影して...
無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり

気がついたらオカノリが木質化していました♪~:畑だより(12月)

こんにちは! わさびなです。すっかり寒くなりました。畑も霜が降りる日が増えてきています。 今年の春先、通路にオカノリが芽を出しているのを見つけたのですが、そのままにしていたところ、気づいたら木質化していました。 高さ1...
コンパニオンプランツ・カバークロップ

ニラを整理しています~家庭菜園におすすめ!野菜「ニラ」:畑だより(2021年10月)

今回の畑だよりは「ニラ」が主役です♪ 何年も前に植えておいたニラ。 夏野菜に混植するのに抜いたり(トマトやナスなど)、株分かれしたのか、こぼれ種が発芽したのか、あちらこちらに増えたりして、まとまりがつかなくなっていました。 ...
夏野菜

秋になってからササゲがとれはじめました~2021年秋のササゲと白ナタ豆【無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり】

こんにちは!わさびなです。今年の10月は本当に暖かい、というか暑くてびっくりです。そして今年の夏シーズンも、お天気なかなかに波がありました。入梅はかなり早く、梅雨は長め。猛暑と思っていたら、8月に入って梅雨に戻ったかのような雨続きの時期が...
夏野菜

4年目のミョウガ~秋ミョウガが収穫できました【無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり】

久しぶりに野菜の記事です♪ 4年前に植えたミョウガ。昨年は少し収穫できたものの、梅雨明けしてからの猛暑・干ばつ気味の気候で、あまり収穫できませんでした。今年の夏もたくさんは採れず、葉っぱは結構茂ってるんだけどなあ、とちょっと...
夏野菜

雨の合間に畑を見に行ってきました~野菜の様子と草刈りをしながら思ったこと(鈴木宣弘氏「日本農業をめぐる疑問に答える簡潔Q&A」JA.com記事引用あり)

(雨がたくさん降って、シソが海のようになりました)私の住む地域でもこのところ雨が続いています。外に出るのが危険なほどの暑さだったのに、一転して雨、雨、雨です。朝はもう秋?というような気温で、野菜たちの様子が心配でした。数日前、雨の合間に野...
無農薬・無肥料・草生栽培で家庭菜園の野菜づくり

問題の裏にある構造。大きな謎を解く旅を後押しするもの。それは希望。:「日本はなぜ『基地』と『原発』を止められないのか」矢部宏治著、集英社インターナショナル2014

日本はなぜ『基地』と『原発』を止められないのか」矢部宏治著、集英社インターナショナル2014⇒ 何年か前に購入したこの本。ふと手にとりました。この本には、普段報道されることのない、日本の構造的な問題とその歴史的経緯が...
冬野菜

ちょっと雑談:今年はニンジンの種が熟すのが遅いです~

こんにちは! わさびなです。   今年はニンジンの種ができるのがとても遅い!です。今年は三寸ニンジンの種を採ろうと思って何本か残しています。何度か種をとってみた記憶では、もうとっくに種が採れている頃なのですが、まだほとんど熟しておらず、白い...